わきみず寺(法雲寺)の灯籠流し

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日の晩は、妻の実家である法雲寺(まちの駅「わきみず寺」)で「灯籠流し」があった。
f0141310_730301.jpg

 富士市まちの駅ネットワークで取組んでいる「源平 富士川の合戦場めぐり」ののぼり旗も。
f0141310_7304599.jpg

 今年も湧水は多い。
f0141310_7305731.jpg

 お寺の役員さん達は、とうろうが上手く流れるよう、境内の水路の流れの調整に余念がない。
f0141310_731167.jpg

 うまく流れるかのテストの結果も上々だ。
f0141310_7312892.jpg

 18:00頃から檀家の皆さんが集まり始め、とうろうを手渡す。
f0141310_7314332.jpg

 皆さん、家名と祈りの言葉を書き込む。
f0141310_7315766.jpg

 暗くなり始めた頃、「お炊き上げ」に着火。
f0141310_7321028.jpg

 故人の使用品や1年間お世話になったものを、住職の読経に合わせ炊き上げる。
f0141310_733535.jpg
f0141310_734230.jpg

 1時間近くかけて「お炊き上げ」が終了。
f0141310_7341562.jpg

 とうろうを流す前に、最後の般若心経を唱え、故人が眠る墓地に向い礼拝。
f0141310_7342742.jpg

 いよいよ、とうろう流しの始まりだ。
f0141310_7344642.jpg

 湧き水の水路をゆったりと流れる様は、わきみず寺ならではだ。
f0141310_735024.jpg

 100mに満たない間だが、故人の霊が来年のお盆にも、またちゃんと戻ってくるよう祈りながら送った。
f0141310_7351716.jpg

 最後は田宿川に入る水路の手前の堰のゴールで回収。
f0141310_7353519.jpg

 100個近いとうろうが輝く姿も美しい。

 こうしてお盆が終わった。

by koike473 | 2012-08-17 07:39 | 季節・四季・日常 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/17872177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 本物の山伏の皆さんが吉原宿に到... 「焼き場に立つ少年」 改めて8... >>