沼川をカヌーで下り、田子の浦港から小潤井川をどこまで上がれるか?

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 23日(土)は、午後から沼川で久々のカヌー。

 ふじ環境倶楽部のメンバーは、午前中の年次総会終了後、吉原給食さん(まちの駅「よしわらのお弁当屋さん」)で弁当を買ってボーイスカウト2団倉庫前に集合。
f0141310_739165.jpg

 6人で腹ごしらえ。
 指導者の高村さん(ボーイスカウト団長)が仕事を終えて到着後、土手から艇を出せるように発砲スチロールで作った簡易桟橋を設置。
f0141310_7393167.jpg

 初めての人もいるのでパドルの使い方も。
f0141310_7394328.jpg

 こうやって乗艇。
f0141310_740545.jpg

f0141310_7415413.jpg

 私も久々(4年ぶり位?)だ。
f0141310_7405315.jpg

 艇は、ボーイスカウトに寄付したなつかしい「キウイⅡ」(2人乗り艇)だ。

 前に乗るのは高村さん。
f0141310_7412726.jpg

 実はこの日、私は無理を言って私の艇だけで単独行動をさせてもらった。
 沼川を下る。
 浮島工業団地南側のサクラ並木。
f0141310_742104.jpg

 何だかわかりますか?カワセミです。
f0141310_7422594.jpg

 国道1号バイパスの高架下。
f0141310_7423939.jpg

 9月でこの煙も終わり?日本製紙富士工場。
f0141310_7425215.jpg

 不法係留されているボート。
f0141310_7431058.jpg

 何でしょう?日本で唯一の工業専用下水路・岳南排水路の排水を放流する吐口。
f0141310_7432872.jpg

 この周辺だけは、ブクブクと泡が浮かび、昭和40年代のようなヘドロの臭いがきつい。
f0141310_7433950.jpg

 田子の浦港とつながる石水門(旧・六ツ眼鏡)。
f0141310_7435960.jpg

 そしてこの日の最大の目的である「小潤井川」へ。
 小潤井川の最下流部では、若者が釣りを。シーバス狙いとのことだが「今日はダメです」とのこと。
f0141310_7443376.jpg

 日食(日本食品化工)の人道橋が見えてきた。
f0141310_7451236.jpg

 ボラがポンポンと跳ね上がる。
f0141310_7452616.jpg

 潮が一番引いた時間帯なので、護岸のブロックには50cm以上水位が下った跡が。
f0141310_745421.jpg

 ここまで1時間ちょっと。
 小潤井川を200mほど上がった地点で水位が確保できず断念。
f0141310_7455753.jpg

 それでも満潮で水位があれば、もっと上まで行けることは確認できた。
 帰りは少しずつ上がり始めた潮に乗り、2時間半の久々の船旅は無事終わった。

by koike473 | 2012-06-27 07:49 | そうだ!沼川プロジェクト | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/17699825
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 3代目のデジカメ 「岳南鉄道問題」への市長答弁と... >>