水防訓練と照明車

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日は、富士市水防訓練が富士川の「かりがね公園」で行われた。
f0141310_7352818.jpg

 東日本大震災や水害の多発で、水防団の皆さんの任務の重要性は一層高まっている。
f0141310_7354219.jpg

 しかし、何と言っても自分自身の身の安全が第一だ。
f0141310_7355432.jpg

 そうした中で気になったのが、この「照明車」。
f0141310_736742.jpg

 国土交通省沼津河川国道事務所が所有するものだ。
 事務所では2台所有しており、昨年の台風で市内の元富士樋管(上堀からの排水を駿河湾に排出するトンネル)が砂で詰まった際に出動し、効果を上げたそうだ。
f0141310_73820100.jpg

 「なるほど、これなら災害時にどこへでも入って行き、救出救助作業にも役立つだろうな」と感心して見ていた。

 通常は、支柱と照明器が下り、コンパクトに納まる。
f0141310_739164.jpg
f0141310_7392221.jpg
f0141310_7392720.jpg

 災害時に備え重要な機材だ。

 ただ考えてみれば国土交通省も、災害時にはその管理区域内の施設(元富士樋管も国が所有・管理)の復旧に優先して使用するはずだ。
 富士市では、この照明車は所有していない。
 市内の建設会社や重機等のレンタル会社では、どの程度保有しているのだろうか?
 気になるところだ。

 と今日のブログを書いているが(今7:25)、にわかに外が暗くなってきた。
 これって日食のせい?
 文字通り、日が食べられてしまったようだ。
 昔の人が驚いた気持ちがよくわかる。

by koike473 | 2012-05-21 07:43 | 防災 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/17563925
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< すっかりいい気分になった「吉原バル」 金沢大学は城の中にあった? 知... >>