さまざまな歴史を感じる「善得寺まつり」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日の一般質問は、市長の答弁では期待した明確な答弁は得られなかった。
 しかし担当部長(小型家電リサイクル)、病院長(中央病院のチーム医療)からは、具体的な取組みに関する一定の答弁を引き出せた。

 今日の写真(報告)は、4日(日)の「善得寺まつり」(主催は今泉地区まちづくり推進会議)。
 石碑の字は「善徳寺」だ。
f0141310_7525776.jpg

 周辺にはのぼり旗が並ぶ。
f0141310_753118.jpg

 多くの人で賑わった。
f0141310_7532266.jpg
f0141310_7532887.jpg

 今川義元、武田信玄、北条氏康がここ善得寺で和平協定を結んだ「三国同盟」(三将会盟)を記念して造られた庭。
f0141310_7534480.jpg

 ところで、このまつりでは毎年、まつりの最初に善得寺の後継寺院である法雲寺住職によって「供養祭」が営まれる。
 住職は、私の義理の弟になるが、この5年間の写真を見ると、「ある歴史」が一目瞭然だ。
 私事で申し訳ないが、読経中に私が後ろから撮った写真だ。
 平成20年。
f0141310_7535920.jpg

 平成21年。
f0141310_754121.jpg

 平成23年。
f0141310_7542432.jpg

 平成24年(今年)。
f0141310_7543533.jpg

 住職の隣に立つ息子(私の甥)の至道(しどう)が、年々成長している。
 顔つきも、ご覧の通り。まずは平成21年。
f0141310_7545066.jpg

 平成23年。
f0141310_755532.jpg

 平成24年(今年)。
f0141310_7551717.jpg

 子どもから少年の顔に変わってきた。
 こうやって並べると、22年は大雨で中止となり写真を撮れなかったのが残念だ。

by koike473 | 2012-03-07 07:58 | 教育 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/17280366
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 基本計画案の検討が始まった「新... 今日13時から一般質問に臨みます >>