今日13時から一般質問に臨みます

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日は私の一般質問の日だ。

 午後1時からで、昼食を食べて一番眠くなる時間帯だ。
 皆の目が覚めるような「キリッ」とした質問をしたいのだが。

 今回はかなり前からいろいろな仕込み(調査)を行い、しばらく寝かせておき、最後の2~3日間で集中して仕上げるスケジュールを組んだが、どうだろうか?

 もう一度、原稿に目を通し出発だ。

 2つの質問の内、1つ(小型家電のリサイクル)は先日アップしました。
 もう1つは「富士市の中核総合病院である中央病院のチーム医療などのあり方について」です。
f0141310_6542545.jpg

 よかったらお読みいただき、13時からのネット中継をご覧下さい。
f0141310_6543648.jpg

 より質が高く、安心・安全な医療を求める患者・家族の声が高まる一方で、医療の高度化・複雑化に伴う業務の増大により医療現場の疲弊が指摘されるなど、医療のあり方が根本的に問われる今日、改めて「チーム医療」が注目されている。
 チーム医療とは、従来の医師を頂点としたピラミッド型体制でなく、医療に従事する多種多様な医療スタッフが、それぞれの高い専門性を前提に目的と情報を共有し、業務を分担しつつも互いに連携・補完しあい、患者の状況に的確に対応した医療を提供するチーム体制といわれる。
 中央病院では、毎年、その年度の病院指針を定め取組んでいるが、平成15、16年度は「納得のいくチーム医療を!」、19年度は「チーム医療 患者さんはチームの一員」、21年度は「電子カルテから始まるチーム医療“患者さんもチームの一員”」と、早い段階からチーム医療への取組みを進めてきている。
 特に電子カルテとの関連では、「電子カルテの端末から、どの職種でも、職種を超えたチーム医療の基礎となるような情報がいつでもどこでも見ることができることにより、チーム医療という形の中で医療の質の向上、より安全な医療の提供ができる」とされてきた。
 電子カルテの導入から3年が経過し、今後より市民に信頼される中央病院を目指す上でのキーワードとなるであろうチーム医療のあり方などについて以下の質問を行う。

 1 中央病院におけるチーム医療の基本的な考え方はいかがか

 2 電子カルテ導入によるチーム医療への効果・成果はどう把握しているか、また今後のチーム医療の取組み方、進め方をどう考えるか

 3 患者の権利であるセカンドオピニンへのこれまでの取組み実績はいかがか、また今後の取組み方をどう考えるか

by koike473 | 2012-03-06 06:55 | 富士市議会 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/17276362
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< さまざまな歴史を感じる「善得寺... 富士高ハンドボール部全国選抜大... >>