「土管坂」とは? さすが陶器の街・常滑(とこなめ)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 先週、会派の視察で宿泊した碧南市(愛知県)は、伊勢湾沖合いにセントレア(中部国際空港)があるが、やきもの(陶器)の街としても有名だ。

 宿泊した次の朝、会派の先輩である川窪議員と「やきもの散歩道」を歩いた。
 6:15に目覚ましをセットし、6:30にホテルを出発。
 5分ほど歩くと「やきもの散歩道」のスタート地点だ。しかしまだこの時間はうす暗い。
f0141310_7415099.jpg

 しゃれた地面設置型の照明灯。
f0141310_742624.jpg

 寒さが尋常ではない中、茶色の土管が埋め込まれた「土管坂」(どかんざか)を登る。
f0141310_7423030.jpg

 「土管坂」の由来を説明したポケットパーク。
f0141310_7425198.jpg

 この坂は、全て陶器製?
f0141310_743466.jpg

 陶器を焼く特徴的な煙突。
f0141310_7432247.jpg

 土管のよう壁も。
f0141310_7433858.jpg

 散歩道の途中には、何箇所もの陶芸教室や喫茶店があります。
f0141310_7435536.jpg

 常滑を訪れたら、歩いてみてはいかがでしょうか。約1時間でゆっくり回れます。
f0141310_744866.jpg

by koike473 | 2012-02-03 07:45 | 視察・研修・勉強会 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/17150734
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 富士高ハンドボール部男子が全国... 岳南鉄道に乗って早咲きサクラを... >>