わき水田宿川委員会(今泉)が静岡県と「リバーフレンドシップ協定」を締結

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日このブログで書いた「沼川流域の河川整備計画案」の中では、治水計画に加え、人と川との関わりを再構築するために、行政と流域住民等が一体となったリバーフレンドシップ等の取組みも位置付けられた。
f0141310_7423985.jpg
f0141310_7424550.jpg

 そして日にちは変わるが、16日(金)には、このリバーフレンドシップ協定が、「わき水田宿川委員会」と県富士土木事務所の間で締結された。
f0141310_743061.jpg

 リバーフレンドシップ制度は平成15年度から始まったが、わき水田宿川委員会(旧・田宿川6町内河川委員会)の自主的な河川清掃への取組みは30年以上に及び、制度ができる20年以上も前から県内でも先駆的な取り組みを行ってきている。
f0141310_7431398.jpg

 この日は、役員4名の方が出席し、県から支給される物品も受け取った。
f0141310_7433165.jpg

 大半の他の河川と異なり、田宿川では川の中に入り、水草を刈り取る作業が中心になるため「カマ」と「胴長」が必需品だ。
f0141310_7434699.jpg
f0141310_7435238.jpg

 協定締結は遅きに失した感もあるが、改めて田宿川の保全や活用を行政と地元とで考えるきっかけになればと思う。

by koike473 | 2011-12-20 07:46 | 富士市の清流・田宿川 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/16971862
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 2度目のぎっくり腰 沼川やその支流が安全で、自然豊... >>