岳南鉄道から「運行継続困難の申し出」と「じゃあ、富士市、富士市民はどうする?」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 土曜日はこのブログを書かないことが多いが、今日はやはり書かなくては。

 昨日、市の公共交通協議会が開かれ、岳南鉄道から「運行継続困難の申し出」についての説明があり、傍聴した。
f0141310_7511117.jpg

 既に、夕べのニュース(私は直接見なかったが、テレビ局が数社取材に入っていた)や今日の朝刊でも報道されている。
f0141310_7512574.jpg

 資料として示された輸送量の推移等を見れば、経営が非常に厳しくなっているだろうことは一目瞭然だ。
f0141310_7514356.jpg

 更に貨物輸送休止が追い討ちをかけ、ダメを押すような形になりつつある。
 社長さんの説明を聞けば、利用客確保の営業、職員の削減、数々のイベント、不動産事業収益からの赤字補填等、打てる限りの手は打ってきたと感じる。
 平成15年頃からは、毎年1%ずつ旅客数が増えている。これは全国でもまれなケースだそうだ。
 だが、車両や線路、橋梁、駅舎等の施設保有に関する経費が全体コストの約45%を占めるのが大きな負担だ。
f0141310_752063.jpg

 「もう限界です。鉄道は無理です」。正直なところだと思う。

 しかし協議会で発言した委員の全員が「何とか存続を!」との意見だった。

 ではどうしたらいいのだろう?
 協議会では何名かの委員から「公共負担」という言葉が出たが、その前に確認しなければならないことがあると思う。
 利用する側の市民がどう考えるかだ。
 協議会の中に専門の鉄道分科会を設け検討することになったが、それに平行して市民の側がどう考え、動くかが必要ではないだろうか?
 市民が「いろいろ考えたけど、やっぱり必要ないよ」となれば、公共負担は無駄になりかねない。
 富士市の市民力、総合力が試される場面だと思う。

 一方、利用客が減少しているとは言っても、1日に2,100人が乗っている。
 これは現在11路線(デマンドタクシー含む)走っているコミュニティバス1日400人の5倍以上だ。
 この固定客とも言える2,100人の内訳はどうなっているのだろうか?
 そのあたりを明らかにして、現状のニーズ、これからの考えられるニーズを掘り起こすことも重要ではないだろうか?

 議員、議会も評論家のようなことは言っていられない。

by koike473 | 2011-12-17 07:54 | 公共交通・自転車 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/16959907
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 沼川やその支流が安全で、自然豊... 小潤井川の草刈り&ソバの種まき >>