2つのイベントを通じて考えるセカンドライフ 「シルバー人材センターフェスティバル」と「町内文化祭」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 少し前の話だが、23日(祝)にあった「シルバー人材センターふれあいフェスティバル」と「駿河台3丁目文化祭」の話。

 毎年この日(勤労感謝の日)は、この2つのイベントが行われる。
 まずは「シルバー人材センターふれあいフェスティバル」。
f0141310_754257.jpg

 今年で18回目だそうだ。
 開会式には、造園作業を請負う皆さんで作る「ちんどんや」チームが盛り上げる。
f0141310_7541676.jpg

 外にはいろいろな売店が。
f0141310_7543419.jpg
f0141310_7544034.jpg

 「栗きんとん」の売店には毎年こんなに長い行列。
f0141310_7545145.jpg

 ここは「まちの遊民社」の数年の指定席。
f0141310_755343.jpg

 「セカンドライフの興味」に参加すると、
f0141310_7554560.jpg

 くじ引きでもれなく景品が当たる。
f0141310_7555972.jpg

 建物の中では、シルバーの皆さんの数々の技が。
f0141310_7561796.jpg
f0141310_7562315.jpg
f0141310_7564116.jpg
f0141310_7565022.jpg

 市全体で言えば、高齢者の数は年々増えているが、シルバー人材センターの登録会員数は1,500名ほどで横ばい傾向だそうだ。

 そしてこちらは午後から出かけた「第5回 駿河台3丁目町内文化祭」。
f0141310_7571192.jpg

 毎年さまざまな作品が出展されるが、いろいろな分野で「技」を持つ人がいることに驚かされる。
f0141310_7574451.jpg

f0141310_7584638.jpg

 実はこの文化祭、主催は町内会ではなく、町内の高齢者の皆さんのグループだ。
f0141310_759563.jpg

 シルバー人材センターの皆さんも、駿河台3丁目のグループの皆さんも、ともに充実した「シルバー生活」を送っているのを感じる。
 団塊世代の方々がそろそろ65歳を迎え、本格的なセカンドライフに突入する人が増えていく。
 そんな中、「富士市セカンドライフ促進ネットワーク」が主催する「セカンドライフ デザインセミナー」が開かれる。
f0141310_7592451.jpg

 私も53歳だ。同級生や同じ50代の皆さん、早めにセカンドライフに向けた準備を始めたほうが良いようです。
 「退職後のライフワークの選び方」、参考にしてみませんか?

by koike473 | 2011-11-30 08:01 | 市内外のイベント・行事 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/16889368
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 事前の検討・準備が必要な災害時... 12月1日~4日の間に「災害用... >>