「我が家は無事!黄色いバンダナ作戦」と自主防災幹部役員会

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 夕べは、私が会長を務める駿河台3丁目自主防災会の幹部役員会があった。
 3月の東日本大震災、静岡県東部地震を受け、改めて町内の防災体制を強化・充実しようと、6月から毎月1回のペースで始めた幹部役員会だ。

 今回は、8月28日に行なう「総合防災訓練」に向けた意思統一と準備作業を行った。
 22名による全体打合せのあと、情報班・避難誘導班、消火班・救出救助班、給食給水班の3グループに分かれて打合せ。
f0141310_78070.jpg

 その後は、準備作業。
 こちらは、「我が家は無事!黄色いバンダナ作戦」で使うバンダナの仕分け作業。
f0141310_782343.jpg

 地震が発生した際、家族全員が元気な場合はこの黄色いバンダナを玄関や通りから見やすい場所に掲げ、「我が家は無事です。他のお宅を救出してあげてください」というサインとするものだ。
f0141310_78384.jpg
f0141310_784454.jpg

 これにより、瞬時に「バンダナがかかっているお宅は確認救助対象からはずす」ことができ、その分、かかっていないお宅を重点的に救出が可能になるというものだ。
f0141310_79572.jpg

 富士宮市で全市的に取り組んでおり、私は昨年の9月議会で富士市でも導入するよう提案した。
 「富士宮市の取り組みを参考に、富士市独自の取組みを検討する」という市長答弁だったが、いまだ検討の様子すらない。
 ある人は「この方法は、全世帯が理解し、同意して取り組まないとかえって混乱するのでは?」と言う。
 しかしどんな方法でも、500世帯からある全世帯が理解するのは不可能だ。
 とにかく訓練を重ね、そうした中で浸透させていくしかない。
 そんな考えで通販で安い同じ黄色のバンダナを購入し、この日の組合別仕分けとなった。
f0141310_792056.jpg

 こちらは、ブロック別の消火器、消火栓・ホース、防火水槽の配置地図の作成作業。
f0141310_793747.jpg

 町内は東、西、南、北の4ブロックに分かれており、その中に7~10の組合がある。
 各組合にこの地図を配布し、消火資機材の配置や避難経路の安全性の確認をしようというものだ。
f0141310_79495.jpg

 こちらは避難所などへ避難する人を仕分けする際のプラカード。
f0141310_710441.jpg

 そして簡易タンカの作り方の確認。
f0141310_7101741.jpg
f0141310_7102533.jpg

 8日には、約90名の役員全員が集まって、最後の確認を行なう。
 今年の訓練のテーマの第一は「組合の安否情報を確実に確認・伝達する」だ。
 自分の身を自分で守る「自助」、そこから次の段階である「共助」に向かう第一歩の体制づくりを、確実にしていかなければと思う。

by koike473 | 2011-08-03 07:13 | 防災 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/16364452
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 富士市内の日本製紙3拠点一部停止! 「ホルモンきむらや」の「お楽し... >>