市民活動支援と富士市市民協働推進懇話会

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日は午前中、市民活動支援センターで開かれた「富士市市民協働推進懇話会」を傍聴した。
f0141310_7405786.jpg

 この懇話会は、市民活動と行政との協働を進める制度づくりを目的に設置されているもので、「協働推進条例」と、市民活動を支援する「補助金制度」について検討している。
 メンバーは、静岡大学の日詰教授を会長として、他はいずれもさまざまな市民活動団体で実際に活動されている皆さんだ。
f0141310_7412131.jpg

 今日の懇話会を傍聴したのは、2月議会で一般質問を行なう「市民(納税者)が選ぶ市民活動支援制度の導入について その3」の参考とするためだ。

 私は、市民活動を支援する補助金制度として、市民が選ぶ市民活動支援制度=通称「1%支援制度」を導入すること(提案)について、この2年半の間に一般質問を2回行なった。
 市長の答弁は、いずれも「調査研究を進める」というもので、特に一昨年の2回目は、「市民協働推進懇話会で検討いただき、それらを基に22年度中には新たな方向性を示していく」としていた。
f0141310_7415169.jpg

 そこで今回、22年度末を迎えるにあたり、しつこいが3度目の質問をしようと先日通告書を提出した。
 すると、「24日に市民協働推進懇話会があります」と聞いたため、急遽傍聴した次第だ。

 懇話会では、現行の補助金制度や1%支援制度についてワーキンググループで話し合われた意見が報告され、懇話会としての概ねのとりまとめがなされた。
 結論は、懇話会の提言には1%支援制度の導入は提言しないことでまとまった。
 しかし私には、いろいろな意見を聞いていて「????」だった。
 一般質問を行なう上では、多くの材料を得ることができたとも言える。

 懇話会会長の日詰先生
f0141310_7421111.jpg

 その他にも、自治基本条例制定に向けてなど、興味深い話も聞けた。

 私の質問まで、まだあと10日ほどある。
 改めてじっくり質問を組み立てたいと思う。

by koike473 | 2011-02-25 07:45 | NPO・市民活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/15566128
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 田宿川・滝川・沼川のお花見ウォ... 「今日は何の日、○○の日」 >>