環富士山都市シンポジウムで思った富士市と富士宮市の合併

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 4日(金)の晩は、鈴木ひさし富士市長の後援会が主催する市政報告会の一環として行なわれた「環富士山都市シンポジウム」に参加した。
f0141310_22532793.jpg

f0141310_2254044.jpg

 富士市、富士宮市、裾野市、御殿場市、小山町の4市1町の首長が一堂に会し、パネルディスカッション形式で討論するものだ。
f0141310_22541510.jpg

 この4市1町は、富士山を取り巻く県内の自治体で、2年前から「富士山ネットワーク会議」を設立し、首長及び行政事務担当部局の幹事会、研究会を設け、検討を重ねている。

 ポイントは、「観光、環境、防災等の分野で富士山を軸に連携して取り組んでいこう」というものだ。

 この日もこの3つの分野を中心に議論が行われた。
f0141310_22543950.jpg

 「富士山」を軸に考えれば、確かにこの4市1町は共通点が多い。
 しかし話を聞いていて、4市1町の連携も重要だが、逆に「富士市・富士宮市の2市=富士地域」と「裾野市・御殿場市・小山町の2市1町=北駿地域」の違いも大きく感じた。
 市民の生活感覚からすれば、富士市の市民は「御殿場は少し遠い観光地」のようなイメージが強いのではないだろうか?
 決して日々の仕事や暮らしの中で「同じエリア」と感じることはないだろう。
f0141310_22545869.jpg

 より積極的な誘客、万全なセーフティネット構築等の面からは、この4市1町が連携した取組みが必要だ。
 しかし一方で、鈴木富士市長が言う「ゆるぎない自治体」を造っていくという観点からは、まずは同じ流域に位置し、生活圏を共にするする富士地域の一体的な都市づくり=富士市・富士宮市の合併を、現実の問題として考えていかなければと強く感じたシンポジウムだった。

by koike473 | 2011-02-06 22:57 | 富士市議会 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/15462464
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 深澤竜介 at 2011-02-09 23:44 x
>まずは同じ流域に位置し、生活圏を共にするする富士地域の一体的な都市づくり=富士市・富士宮市の合併を、現実の問題として考えていかなければと強く感じたシンポジウムだった。

全く同感であります。
Commented by koike473 at 2011-02-13 17:54
深澤様 ありがとうございます。
同じ日の選挙、富士市から熱く応援しています!

<< 富士市の来年度一般会計予算案は... ラ・ホール富士1階に「若者就労... >>