還暦フェスティバル その2

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日は、昨日書いた「還暦フェスティバル」の続きの話。
 18:30から、いよいよ開演だ。
f0141310_23224329.jpg

 まずは「記念コンサート」だが、これがすごい。
f0141310_23232663.jpg

 「since1950 ~音楽と映像でつづる60年の軌跡~」と題し、団塊世代の皆さんが生まれた戦後すぐからを、毎年毎年の記憶に残る人物や事件、風俗を描いた「絵」をスクリーンに映し出した。
f0141310_23235141.jpg

 それを3人の司会者が、当時を思い出しながら話をし、その頃流行した歌を演奏し、また何曲かは会場全体で歌う形だった。
f0141310_23241253.jpg

 ちなみにこの「絵」は、司会兼企画委員を務められた松本さん(中央)が、全て一人で描いたものだ。
f0141310_2324322.jpg

 私は大変感激し、できる限り写真に撮ったので、いくつかを紹介します。
f0141310_2324549.jpg
f0141310_2325933.jpg
f0141310_2325163.jpg
f0141310_23254548.jpg
f0141310_232558100.jpg
f0141310_2326786.jpg
f0141310_23262468.jpg
f0141310_23263418.jpg

 最後は、実行委員全員がステージに上がり、「あの素晴らしい愛をもう一度」を。
f0141310_23265573.jpg

 ステージからの満員の客席!
f0141310_23273214.jpg

 そして第2部は、公募書簡「拝啓 60歳のあなたへ」の表彰。
f0141310_23282012.jpg

 私も審査員の一人として参加し、目をウルウルさせながら読んだ手紙だ。
 大賞は、中村由美さん(左側)の「拝啓 大好きなお父さんへ」だ。
f0141310_2328377.jpg

f0141310_2329124.jpg

 皆さん、いいでしょう!
 こちらは、実行委員長の塚田さん。
f0141310_23293164.jpg

 私は朗読を聞きながら感激するとともに、自分もあと10年したら娘から「拝啓 大好きなお父さんへ」と書いてもらえるだろうか?と心配になったりしたが。

 最後の第3部は、特別ライブ「抱腹絶倒!ダメじゃん小出の時事ネタライブ」。
 富士市の下調べが完璧で、そしてとってもおもしろかったが、残念なことに私が座った席からは光の関係で写真がうまく撮れなかった。

 大盛況のうちにフェスティバルは終了した。
 最後は、片付けも終わり、実行委員全員が集まり「おつかれさまでした!」
f0141310_23301413.jpg

 第一回目の「還暦フェスティバル」は大成功だったと思う。
 では、今後の課題は?と聞かれたらいろいろ思い浮かぶ。
 アンケートにも、来場いただいた多くの方が答えていただいたようだ。
 どのような感想を持っただろうか?
 それらも踏まえ、改めて整理してみることが必要な気がする。

by koike473 | 2010-12-20 23:33 | NPO・市民活動 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/15192772
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by キャピコ at 2010-12-21 02:44 x
ご参加いただき、まことにありがとうございました。ご丁寧なブログに感激です。
Commented by koike473 at 2010-12-22 07:38
キャピコ様
ありがとうございます。
今夜の打上げが楽しみです!

<< 「富士山4階建て説」とは? 還暦フェスティバル >>