ウルウルしてくる手紙ばかり 「拝啓 60歳のあなたへ」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日は、「拝啓 60歳のあなた」をテーマに書いていただいた手紙の審査の話。
 これは、12月17日(金)に開催される「還暦フェスティバル」に併せ「公募書簡」として募集したもので、11月10日に締め切られた。
f0141310_23503233.jpg

 事務局である一般社団法人「まちの遊民社」には、計63作品が寄せられた。

 私も「還暦フェスティバル」の実行委員になり、この公募書簡担当委員になった。
 最終審査は審査委員長が行なうが、一次審査は、担当委員それぞれが評価し、それを集計して行なうこととなった。

 先日、その63作品が私のところにも郵便で届いた。
f0141310_2351150.jpg

 今日18日までに全てを読み、自分なりに3段階評価(◎、○、△)をしなくてはならなかった。
 「やばい、時間がないなあ」と思いながらいたが、読み始めると止まらない。
 どの手紙も、心を込めて書かれている。

 60年を振り返り自分自身にあてた手紙、60歳になったご主人に奥様があてたもの、60歳になった後輩や兄弟にあてたもの、そして将来なるであろう60歳の自分自身に書いたもの等々。
f0141310_23512137.jpg

 多くの手紙が、これまでの苦労を乗り越え、現在に至ったことをさりげなく、そして周囲の人に感謝を込めて書かれている。
 私の目がウルウルしてくる手紙も多い。

 約4日間かけて、それぞれ2回ずつ読んで自分なりに採点させていただいた。

 最終的には、大賞1点、優秀賞2点、入選数点が選ばれるが、どの作品も「これまで」と「これから」の人生が前向きに書かれている。
 是非、全作品をまとめた「60歳のあなたへ 手紙集」のような形で公開できればと思う。

 皆様、12月17日の発表をお楽しみに!

by koike473 | 2010-11-18 23:54 | NPO・市民活動 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/15006009
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by キャピコ at 2010-11-19 01:03 x
小池様 ご多忙の中、丁寧に審査いただきまことにありがとうございました。結果がとても楽しみです。
Commented by koike473 at 2010-11-21 23:52
キャピコ様 いつも楽しいブログをありがとうございます。
また、コメントもありがとうございます。

「拝啓 60歳のあなたへ」は、皆さん心を込めて書いたのが伝わってきます。
仲間だけでなく、自分自身への応援歌であるのがいいですね。
審査委員長のコメントを楽しみにしています!

<< フォトライター 近藤正寛氏の写真展 11月議会の一般質問と「富士山... >>