「この彼岸花を見てください!」彼岸花ウォーク後半

 昨日に続き、「彼岸花ウォーク」の後半。
f0141310_23311880.jpg

 滝川には沿いには、企業(工場)もあるが、倉庫も多い。
 この倉庫の裏の部分は、市民有志の皆さんで草刈りをした区間だ。
f0141310_23313572.jpg

 倉庫の隣りのユタカエンジニアリングさんが、きれいにしてくれた土手の区間を歩く。
f0141310_23314980.jpg

 交通量がある道路は、スタッフが誘導して横断!
f0141310_2332178.jpg

 そしていよいよ彼岸花が群生する滝川の中流部。
 どうでしょう、このボリューム!
f0141310_2333726.jpg

 今が満開だ。
f0141310_23331760.jpg

 試しに刈った法面も、時間を追うごとに成長し、ご覧のとおりだ。
f0141310_2334164.jpg
f0141310_23342688.jpg
f0141310_23344873.jpg

 滝川の最終地点である芙蓉橋の上からもこの通り。
f0141310_23351940.jpg
f0141310_23353516.jpg

 わずか1週間ほどの盛りの期間だが、彼岸花とはよく言ったものだ。必ずこの時期に咲いてくれる。
 そして、終点の田宿川。この清流を見ると「やっと到着だ!」
f0141310_23354946.jpg

 ゴールでは、アンケートに協力いただく。
 今回は、どんな意見が多いだろうか?
f0141310_23361332.jpg
f0141310_23362180.jpg

 こちらは、地元の今泉地区まちづくり推進会議と、わき水田宿川委員会合同で準備いただいた麦茶のサービス。
f0141310_23364229.jpg

 今泉の豆腐屋さんが使っていた井戸で自噴する「わき水」で作った麦茶だ。

 ゴールはちょうどお昼なので、まちの駅「よしわらのお弁当屋さん」(吉原給食さん)に「移動まちの駅」として弁当やお菓子、ミカンなどを販売してもらい、なかなかの売れ行きだったそうだ。よかった!
f0141310_23371183.jpg

 コースの後半で拾ったゴミは、富士市の協力でこうやって業者の方に回収いただく。
f0141310_23372550.jpg

 この「彼岸花ウォーク」は、昨年実行委員会のスタッフで試しにこの時期に歩いたとき、彼岸花の見事さに驚き、今年実施したものだ。
 そして今年は、遊歩道をよりていねいに、そして部分的ではあるにせよ法面も刈ったことで、より彼岸花が拡がり、そして目立つようになった。
 それは、草刈りに協力いただいた市民有志の方々や、川沿いの企業のおかげだ。

 個人的な思いだが、10年くらいかけて、滝川の土手が彼岸花でいっぱいになるような「彼岸花の川づくり」ができればと思う。

by koike473 | 2010-09-28 23:39 | そうだ!沼川プロジェクト | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/14688758
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< コープしずおかとアピタの工事が... 快晴の中でスタートした「彼岸花... >>