焼津の「まちの駅」を堪能 その2

 今日は先週の日曜日、5日に参加した「県まちの駅ネットワーク」総会で午後に回った2箇所の報告。
 まずは、「ほしの駅」のディカバリーパーク焼津。
f0141310_023781.jpg

 宇宙や科学を身近に体験できる公的な施設(焼津市等による3セク)だが、何と言ってもここでのお目当ては、大きな天体望遠鏡だ。
f0141310_03384.jpg

 この天体望遠鏡は、焼津生まれで望遠鏡製作で活躍した法月惣次郎氏が造ったもので、東海地区で最大級のものだ。
f0141310_032393.jpg

 法月氏は、独学で望遠鏡を開発し、その技術に驚いた海外の研究者から「日本には電場望遠鏡の秘密基地がある」と言われるほどだったそうだ。
 昼間だが、この望遠鏡で三日月の「金星」がくっきり見えるのにはびっくりした。
f0141310_03407.jpg

 こちらは、ツイッターでこの情報を発信する「誰か」さん。
f0141310_035476.jpg

 ディスカバリーパークやバスの中では、県内各地のまちの駅の取組みを紹介。
 昨年開催地の由比の原さん。
f0141310_041445.jpg

 芝川から参加の「健康の駅」さん。
f0141310_043797.jpg

 今回のホストとしてご苦労された焼津の関さん。
f0141310_045287.jpg

 そして宮崎県の口蹄疫被災地を「まちの駅」つながりで応援しようと募金を集め、高鍋町に送った富士の藤田代表とダルマを持つ久保田事務局長。
f0141310_0552.jpg

 最後は少し遅くなったが、お楽しみの昼食を「魚市場真ん前の駅」の小川港魚河岸食堂で。
f0141310_053151.jpg

 魚市場の前にあり、焼津市魚仲水産加工業協同組合が運営し、地元の漁師さん達が毎朝食べる食堂だ。
f0141310_055284.jpg

 メニューが壁にずらり。選ぶのに苦労するほどたくさんだ。
f0141310_06547.jpg

 厨房の中は、「こんなにたくさん」と思うほどの調理人の方々が。
f0141310_061746.jpg

 私は「まぐろホホ肉 塩こしょう焼き定食」。
f0141310_063426.jpg

 このボリュームとアツアツホクホクのホホ肉はたまらない。
f0141310_064740.jpg

 店内は、13時をかなり過ぎてもこの混雑。
f0141310_07160.jpg

 何だか、食べ続けで終わったような総会だったが。

 この静岡県まちの駅ネットワーク、これからどう展開していったらいいのだろうか?
 自分の力のなさはわかっているのだが。

by koike473 | 2010-09-13 00:10 | まちの駅 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/14585868
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 初体験の熱中症! 明日から9月議会が開会! >>