明日から9月議会が開会!

 明日から9月議会が始まる。
 昨年から、前年度の決算は全てこの9月議会で審査することになった。
 (一昨年までは、9月議会で企業会計(水道、中央病院)を、11月議会でその他の一般会計・特別会計を審議していた)
 そのため、いろいろなことを確認したり、勉強し直したりで忙しい。
f0141310_2323656.jpg

 所属する会派・市民クラブでも勉強会が開かれ、自宅でも決算資料を開く日が続いている。
f0141310_23232291.jpg
f0141310_23232869.jpg

 また、現在条例案作成の最終段階を迎えている「議会基本条例」(案)の中では、「決算審査」を重視する議会の方向性を強く打ち出している。
 経済的な右肩上がりが望めない中では、取り組んだ施策、事業の成果を決算時にしっかり議会として評価する。その事業は、税金を使う意義があったのか、成果がどれだけあったのか、今後も必要なのかをしっかり議会として審査する。
 つまり今流行りの「事業仕分け」は、本来議会の役目であり、それを踏まえ「スクラップ・アンド・ビルド」、「選択と集中」の姿勢で次年度の予算案を審議しようという考え方だ。
 そうした決算審査を行なうために、行政側で取り組んでいる「行政評価」資料を、決算審査に提出するよう求めることも盛り込んでいる。

 第5次富士市総合計画がスタートする来年以降で、こうした体制をしっかりと作っていくために、本年度の決算審査資料の中に、試行的に「行政評価」の資料が載せられ始めた。
 本当に試行的だが・・・。
f0141310_23234765.jpg

 それでも多少はこれまでよりも論点が明確になりやすくなるような気がする。

 研修や視察で伺った先進都市の取組み(詳細かつわかりやすい決算資料の作成と公表)は、どこも行政当局と議会の間での長いやり取りや協議の中で「今がある」と聞いた。

 富士市でも一歩一歩だが、できるだけ早くそうしたレベルに持っていかなくてはと思う。

 ぐだぐだ書くのはここまでで、また決算資料と格闘だ。そして一般質問の準備もしなくては!

by koike473 | 2010-09-09 23:24 | 富士市議会 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/14566747
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 焼津の「まちの駅」を堪能 その2 完成後初めての大雨?青葉台調整池 >>