新しい富士市立高校は「進学校」!

 21日(土)は、来年度から新高校に生まれ変わる「富士市立高校」(現・富士市立吉原商業高校)の「第1回学校説明会」に参加した。
f0141310_23313060.jpg

 大半が「親子」(中学3年生とその親)での参加だ。
 ロゼシアターの大ホールが結構埋まった。
f0141310_2331493.jpg

 富士市立高校の教育の考え方は、とても先進的で、社会で通用する若者を高校時代から育てようとしている。
f0141310_23321295.jpg

 私は、昨年秋に学校で開かれたシンポジウムを聞いて、それが良くわかった(つもりだ)。
 しかしこの日の説明会では、全てを説明しようとしたためか、特徴である「キャリア教育」や「探求学習」の考え方が少し消化不良だったように感じた。
f0141310_23323191.jpg

 もちろん、来年度の具体的な生徒募集も考えているので、こうした「教育の狙い」に加え、「教育環境」、つまりスクールバスや予備校と連携したサテライト学習、かかる経費等の説明もしっかりしなければならないのも当然だった。
f0141310_23325527.jpg
f0141310_2333262.jpg

 更に、全体説明会の後で行なわれた個別説明会では、受験生やその親にとって一番気になる受験のために必要な「内申点」や、「学校裁量枠」についての質問が相次いだ。
f0141310_23335370.jpg
f0141310_2334080.jpg

 「教育の狙い」がどこかに置き忘れられるのは怖いし、もったいない。
 しかし、受験を半年後にしたこの時期では、それが現実か?

 富士市立高校が目指しているのは明確に「進学校」だ。
 来年入学した生徒が、市立で鍛えられ、「考える力」、「コミュニケーション能力」を高め、大学に進み、更に世の中で立派に通用する社会人として評価された段階で、初めて市立も評価される。
 そうなるには3年、あるいは7年かかる。
 とにかく、スタートダッシュの3年間が重要だ。

by koike473 | 2010-08-25 23:35 | 教育 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/14468994
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 「田宿川」で考えること つくば市(茨城県)での議員研修 >>