「整いました!」ふられ亭 扇痴師匠

 今日は、前の日のブログに書いたように、再びこの方が主役。
f0141310_5303039.jpg

 「ふられ亭 扇痴(せんち)」こと藤田嗣(あきら)さん。
 「男女共同参画推進今泉地区講演会」の講師(師匠?)として登場だ。
f0141310_5305280.jpg

 藤田さんには、いろいろな場面でお会いするが、実は私は「ふられ亭 扇痴(せんち)」、つまり落語家としての藤田さんは初めてだ。

 しかし、アマチュアとは言え、年季が違う。
 始まる前から余裕の表情?
f0141310_5312190.jpg

 お客さんも徐々に増えてくる。
f0141310_5313543.jpg

 歌舞伎の幕や「ふられ亭 扇痴」の看板(勘亭流という書き方だそうだ)も全て藤田さんのお手製だ。
f0141310_5315179.jpg

 いよいよ登場。
 今日は2部構成で、前半は「厩火事(うまやかじ)」という演目を中心に独演会。
f0141310_5322251.jpg

 出だし(枕)の小噺で会場の笑いを誘い、リラックスさせ。
f0141310_5323814.jpg

 「厩火事(うまやかじ)」では、見事な「落ち」で日本男性の「照れ」を織り込んだ「扇痴流 男女共同参画」を解説?
f0141310_533077.jpg

 しかし実際の藤田家では、見事なまでの男女共同参画が進んでいるのが伺える?
f0141310_5331286.jpg

 そして後半は、「特別講座 なぞかけの作り方」。
f0141310_5332421.jpg

 「ねづっち」の例を出しながらの解説に、会場も「なるほど」の連発。
 私は別件があり、途中までしか聞けなかったが、初めて見た(聞いた?)「ふられ亭 扇痴」師匠に脱帽だ。

by koike473 | 2010-08-05 05:35 | NPO・市民活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/14335258
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 富士市の自慢!ゲートボールジュ... 明日の予告です! >>