静岡がんセンター

 今日は、長泉町にある静岡がんセンターに出かけた。
f0141310_23105415.jpg

 私は2回目だが、前回も雨が降っていた。
 県民の健康づくりと、「ファルマバレー構想」(富士山麓先端健康産業集積プロジェクト)の拠点施設として、静岡県が力を入れて建設・運営しているだけに、最先端の高度医療体制と立派な建物がすばらしい。
 がんの治療も年々進んでいると聞く。
 最先端の医療と、患者さんの前向きな気持ちで、どの方も健康を取り戻していただきたい。

 建物やその周辺を写真でどうぞ。

 玄関(2階)を入ると、1階から吹き抜けになったロビーは、落ち着いたホテルのようだ。
f0141310_23113286.jpg
f0141310_23114125.jpg

 センター全体の模型が置いてある。敷地全体は、こんな感じだ。
f0141310_23123076.jpg

 1階の中庭も落ち着いた雰囲気だ。
f0141310_23124277.jpg

 南側に開いた大きな窓越しに、調整池を兼ねた池が見えそうだが・・・。雨に煙りちょっと見にくい。
f0141310_23133071.jpg

 駐車場から見る病棟。
f0141310_23141745.jpg

 池に続く園路。
f0141310_23145696.jpg

 敷地外周部では、伸び始めたサツキを刈り込んでいる。
f0141310_23153182.jpg

 このがんセンターは、建物の設計は東京の大手設計事務所が担当したが、敷地の造成や庭園等の造園・植栽は、私が最初に勤めた㈱東日(沼津市の土木系建設コンサルタント)が担当したと聞いている。
 次回訪れることがあれば、改めて地形を活かした庭園等を見学してみたいと思う。

by koike473 | 2010-06-21 23:17 | 視察・研修・勉強会 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/14024527
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< アッと驚く沼津港 6月議会一般質問と富士市森林組合 >>