火山と新幹線と宇宙船

 今日も琵琶湖湖畔の研修所からの書き込み。
 研修も2日目を終えた。

 自治体の財政、特に予算編成についての講義が中心だが、おもしろいことに(と言ったら失礼だが)、講師の先生方は、いずれも決算に伴う「行政評価」とそれらを組み込んだPDCAサイクル、そこでの議会の関わりの重要性について指摘していた。
 富士市議会でも制定に向けて検討作業を進めている「議会基本条例」とダブる話で、私にとっては大変ありがたい。参考になる。
 行政の財政担当職員が主対象の研修と聞いていただけに、ものすごく得をした気分だ。

 ところで、アイスランドの火山が噴火した影響で、ヨーロッパの航空輸送が完全にマヒしている。
 今日あたり、多少復旧したようだが、火山の噴火は第2弾もありそうだという。

 昨日、こちら(滋賀県)に来るのに新幹線で来たが、乗車した新富士駅のホームで約10分待ったが、その間に下り2本、上り2本が通り過ぎた。
 また、乗り換えた名古屋駅では、わずか5分の間に3本の下り電車が到着、出発した。
 時速200km以上の車両を、秒単位で正確に動かす技術やしくみに驚くばかりだが、その新幹線も大雨等の災害には手も足も出ない。

 一方、スペースシャトル「ディスカバリー」で宇宙に行っていた山崎さんは、悪天候で帰ってくるのが遅れたが、先ほど無事帰還したそうだ。よかった、よかった。

 でもこんな時は、安全対策を十分取っていることは頭ではわかるが、人間の技術や力が、自然界の中でギリギリのところを「綱渡り」で歩んでいるような気がして仕方がない。

 春になったというのに寒い日が続くこの気候が、変な前触れでないことを祈ろう。

by koike473 | 2010-04-20 23:13 | 視察・研修・勉強会 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/13483605
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ホームランと尻打撲 研修で大津市(滋賀県)に来ています! >>