海上自衛隊幹部候補生学校の卒業式 その1

 3月20日は、広島県江田島市にある海上自衛隊幹部候補生学校の卒業式に出かけた。
 今日は、その前半の話。

 幹部候補生学校は、昔の海軍士官学校であり、今年は幹部候補生学校第60期の学生達が卒業した。
f0141310_237437.jpg

 案内するのは「本物のセーラー服」の自衛官だ。
f0141310_2373211.jpg

 まずは、海上自衛隊トップの海上幕僚長を迎える「栄誉礼」という儀式。
f0141310_239873.jpg

 栄誉礼には、銃を持ち白い脚絆を着用した「儀仗隊」と「音楽隊」が必ず待ち受けるそうだ。
f0141310_23102873.jpg

 こちらが卒業生一同。約200名だ。防衛大学を卒業して入校したのが90名ほど、一般大学卒業者が110名ほどだ。
f0141310_23105727.jpg

 幕僚長の観閲終了後、学生達は卒業式会場の大講堂に向かう。
f0141310_23132431.jpg

 この時の制服の袖口に注目を。この段階ではまだ幹部候補生(海曹長)なので、一本線に碇(イカリ)のマーク。
f0141310_2314204.jpg

 大講堂での卒業式。
 こんな大きな声の「君が代」は初めてだったが、胸にジーンとくる。
f0141310_23162668.jpg
f0141310_2317281.jpg

 一人ひとりに卒業証書が授与されるが、動きの一つ一つがピシっとして、声も大きく、見ている方も緊張するが気持ちがいい。
f0141310_23175098.jpg

 今年の卒業式では、初めて在日アメリカ海軍司令官が来賓として出席し、スピーチを行なった。
f0141310_23181626.jpg
f0141310_23232516.jpg

 卒業式終了後、学生達は晴れて実習幹部(三等海尉)となり、袖口が一本線にサクラの制服に着替え、午餐会(昼食会)に。
f0141310_23183332.jpg

 1年間、精神的に、肉体的にギリギリまで追い込まれた訓練に耐えてきた彼らも、ホッとしただろう。
f0141310_2319059.jpg

 と今日は、前半の卒業式まで。
 クライマックスの「帽ふれ」は、また明日ということで。

by koike473 | 2010-03-31 23:25 | 海上自衛隊 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/13265758
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 海上自衛隊幹部候補生学校の卒業... 2年目の中間報告 吉原再開発研究会 >>