今週から、いよいよ2月議会モードです!

 今日は来週(15日)から始まる2月議会の進め方等を検討する議会運営委員会が開かれた。
 2月議会は、次年度の予算等を審議する重要かつ長期間(3月19日まで)に及ぶ議会だ。
 委員会終了後、議案書や予算書(案)が議員に配布されるため、委員会のメンバー以外のほとんどの議員はこの委員会時間内に登庁し、所属する会派の控室で待機している。
 そして委員会が終了すると、このように議案書等が配られる。
f0141310_23374753.jpg

 毎年同じ写真だが、このように「立つ」くらいのボリュームの資料だ。
f0141310_233815.jpg

 2月議会は、大きく前半、中盤、後半の3期間に分けられる(と自分は思っている)。
  ・前半は本年度最後の補正予算案等の審議
  ・中盤は次年度の市長の施政方針(向こう1年間の市政の基本的な進め方、重要施策・予算の考え方)等に関する質問
  ・後半はそれらを踏まえた次年度予算案等の審議だ。

 今日は、前半の「補正予算案」、後半の「次年度予算案」の資料が配られたが、景気悪化に伴う市税の減収は相当だ。
f0141310_23382767.jpg
f0141310_23383329.jpg

 補正予算案では、本年度の財源不足を補うため、財源が足りなくなったときのために積み立てている「財政調整基金」を取り崩したり、「臨時財政対策債」という借金をしなければならない。
 以前のことはよくわからないが(これでは困るが)、私が議員になってから財政調整基金を取り崩すのは初めてだ。
 また、臨時財政対策債は赤字地方債だ。
 つまり道路や公共施設など、長年に渡り(次の世代の人たちも)使用するハード施設を建設するために発行する建設債ではなく、福祉や教育などの経常的な行政サービスを行なうための財源が不足するためにする借金であり、富士市は初めての起債だ。
 県内では、富士市と御前崎市(浜岡原発が立地し、固定資産税や国からの交付金が多い)だけが、この臨時財政対策債を発行したことがなかったそうだが、ここに来てわが富士市も大変厳しい状況ということだ。
f0141310_2339567.jpg

 また次年度(22年度)予算案は、「子育て充実!暮らしアップ予算」と名付けられた。
 一般会計は、政権が変わり、国(民主党)が打ち出した「子ども手当て」の創設等により、ほぼその分(31億円で国から交付)が増え、過去最高の820億円となった。
f0141310_23392013.jpg

 しかし経済危機の影響を受け、税収は大幅減の状況が続く。
 本年度同様「財政調整基金の取り崩し」、「臨時財政対策債の発行」を行なわなければやっていけない。
f0141310_23393117.jpg

 非常に厳しい状況が続く。
 今週から、この補正予算案、次年度予算案に関する会派での勉強会が始まる。
 議会、そして議員自身も「選択と集中」を肝に銘じて取り組まなくてはならない。

by koike473 | 2010-02-08 23:43 | 富士市議会 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/12812636
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 「ごみ焼却技術の現状」に関する勉強会 ついに貫通!滝川堤防の遊歩道2... >>