身震いするほど感動した!ラグビー早慶戦

 昨日(23日)は、秩父宮ラグビー場(東京)に大学ラグビー早慶戦を観に出かけた。
f0141310_23404615.jpg

 この早慶戦だけは、毎年、何とか生(ナマ)で観たいと思っている。
 特に今年は、春のシーズンから慶応の調子がよく、秋の本番に入ってからもここまで全勝できていた。
 「今年こそ、何とか勝ってほしい。いや勝てるに違いない」と、勇んでチケットを購入した。
 チケットの売り出しは、9月だったが、解禁の日のその時間にパソコンの前で構えていた。
 時間になった瞬間に申し込みをしたが、うまくつながらず、1分ほど経ったところでやっとつながった。
 しかし、既にその時にはS指定席とA指定席は売り切れの状態だった。

 ということで、久々にバックスタンド側のB指定に座ることになった。
f0141310_2341941.jpg

 会場は、23,000人を越える大観衆で満員だ。
f0141310_23412721.jpg

 早稲田のキックオフで試合が始まった。
f0141310_23415854.jpg

 バックスタンドは陽が当たり暖かいが、西日がきつい。
f0141310_23463344.jpg

 観客は、新聞や手をかざしながらの観戦だ。

 慶応が前半から攻める。ボールを積極的にバックスに回し、前半に2トライをあげた。
f0141310_23424044.jpg

 早稲田は、これまでの5試合で取られたトライが2つということを考えると、慶応の力強さがわかる。
 前半は、13対13の同点で折り返す。

 そして後半。
f0141310_23425943.jpg

 慶応の流れが続き、体重105キロのプロップの川村選手が走り切りトライ。
f0141310_23431757.jpg

 これで20対13。
 後半の10分を過ぎても慶応が早稲田をリードしているのを観たのは何年ぶりだろう。
f0141310_23461272.jpg

 しかしここから早稲田に流れが変わる。日本代表にも選ばれている山中選手を投入し、慶応ゴールを襲う。
 だが、慶応の低いタックルが炸裂し、なかなか早稲田は攻め切れない。
 15分以上早稲田の猛攻を耐えたが、最後に山中選手にトライを奪われた。
f0141310_23434011.jpg

 結局20対20でノーサイド。
f0141310_23465474.jpg

 どちらのチームを応援する人たちも、「いやー、来てよかった」、「いい試合だった」と言っているのが耳に入った。
 私ももちろんそう思う。
 「魂のタックル」に象徴される慶応のひたむきさが23,000余人に伝わる試合だった。

 しかし、私には何だか違和感と言うか、チームカラーが変わったようなイメージがあった。
f0141310_23473237.jpg

 昨日の早慶戦を伝える静岡新聞。
 「慶大 堅守でVへ前進」とあるように、慶応のディフェンスが目立った試合だった。
 だが、私がずっと抱いてきた慶応のイメージは、フォワードでしつこく前につないで攻めていく泥臭いラグビーだ。
 それが最も現れていたのが、前回同点(16対16)で引き分けた昭和55年(1980年)の早慶戦だ。
 この時、私は大学4年で、週末はほとんどラグビー観戦に出かけ、この試合も大声を上げて慶応を応援していた。
f0141310_23475488.jpg

 自宅に戻り、学生時代のスクラップを見ると、「慶大 押しに押し、早大 耐えに耐え」とある。
 完全にスタイルが逆だ。
 それにしてもなつかしい。清原(慶応)と本城(早稲田)等がいる。写真はもちろん白黒だが、文字がずいぶん小さい!

 でも、こうした「押しに押し、耐えに耐え」があるラグビー(特に学生ラグビー)は、たまらなく魅力的だ。
 12月5日、慶応は帝京大学に勝てば対抗戦グループでの9年ぶりの優勝が決まる。
 そして、12月から1月にかけての大学選手権がますます楽しみだ!
f0141310_23481022.jpg

 神宮外苑のイチョウ並木。色づいた並木の下は、写真を撮る人がいっぱい。

by koike473 | 2009-11-24 23:52 | ラグビー他スポーツ | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/12376196
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by チャーリー at 2009-11-28 00:27 x
はじめまして。ブログ検索していてたどり着きました。

私も80年の早慶戦、テレビでしたが観戦して感動しました。

今年は最後に追いつかれた割には、終わったあとの後味が良いゲームでした。これからが楽しみですね。
Commented by koike473 at 2009-11-28 17:46
チャーリー様、はじめまして。
コメントありがとうございます。
ブログを拝見すると、チャーリー様も大変な「慶応フリーク」ですね。

あの80年の早慶戦を共有できる方が、ここにもいたと思うととてもうれしいで。
私は慶応大学の卒業生ではありませんが、「魂のタックル」に象徴される慶応ラグビーが大好きです。

今年は、本当にこれからが楽しみですね。

私も静岡から精一杯応援しますので。

<< 「シルバー人材センターフェスタ... 皆さん!新しい「富士市立高校」... >>