世代交流とジュニアゲートボール大会

 22日(土)は、第7回静岡県東部ジュニアゲートボール大会兼第14回富士市ジュニアゲートボール大会に来賓として参加させていただいた。
f0141310_1133540.jpg

 会場は、岩松にある富士川沿いの「雁公園」だ。
f0141310_1135326.jpg

 例年、この大会は大渕公園で開かれていた。今年は大渕地区の体育祭が明日あり、その準備で使えなくなったため、「雁コート」になったそうだ。
f0141310_114831.jpg

 今年は、小学生23チーム、中学生3チームの参加だ。
f0141310_1142162.jpg

 用意されたトロフィーとメダル。
f0141310_1144232.jpg

 どのチームも学校単位での参加だ。校長はじめ先生方の理解と、各地域で指導するゲートボール協会の皆さんの協力がないとチーム編成や練習ができない。
 そうした積み重ねの中で、富士市のジュニアチームは静岡県予選を勝ち抜き、14年連続で全国大会に出場している。
 今年も先日全国大会があったそうだ。
 予選リーグは全勝で勝ち進んだが、惜しくも準々決勝で敗れてしまったそうだ。
 また、こうした取組みが、祖父母、両親、そして子ども達と、3世代の交流になっており、家におじいちゃん、おばあちゃんがいない子ども達にとっては、とてもいい経験になっているようだ。
f0141310_115766.jpg

 雁公園は6面のゲートボールコートが常設されている。
f0141310_1152191.jpg

 それでも足りないため、中学生は芝生広場に設けられたコートで試合だ。
f0141310_1153651.jpg

 父兄は、コート周辺の木陰で観戦。
 試合が始まると、陽が出てきて暑くなった。昨年は日射病で病院に行った子どもがいたそうだ。
 私は、第一試合が終了した時点で失礼したが、今年は大丈夫だっただろうか。
f0141310_1155574.jpg

 堤の道路わきには、コスモスの花壇が。
f0141310_1161124.jpg

 町内会で範囲を分担しながら育てている。秋が楽しみだ。

by koike473 | 2009-08-25 01:17 | 市内外のイベント・行事 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/11799527
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 8月下旬の中央図書館と自転車 新朗読×杉山直 >>