確かめたかった「京都 錦市場」

 先週視察の帰りに寄った「錦市場」(京都)の報告。
f0141310_20462459.jpg

 前の晩に、先斗町で食べた「はも」、「塩さば」、「とこぶし」が気になっていた。
 研修所に帰り、「京都の『錦市場』って有名だけど、市場に行けばああいうのを見れるかな」と考えた。
 次の日(17日)、午前中で研修が終わり、京都駅の観光案内所で錦市場を聞くと、イメージがずいぶん違った。
 面的なスペースに店が集中してあるのでなく、「錦小路通り」という道路沿いに店が連なっていると言う。
f0141310_20465074.jpg

 着いた。確かに通りだが、幅は狭く「小路」がぴったりだ。
f0141310_2047674.jpg

 しかし、前の晩のまつりが続いているような混雑だ。

 写真をどうぞ。
 まずは、夕べの「はも」から。
f0141310_20471938.jpg

 魚屋さんに並ぶそのままの「はも」
f0141310_20473474.jpg

 別の魚屋では開いて並べてある。
f0141310_20474851.jpg

 夕べ食べた「活はもの落し」がパックで。
f0141310_2048829.jpg

 別の店では「はもの天ぷら」が。1本300円で、塩を軽く振って食べたがうまかった!
f0141310_20482127.jpg

 これは「塩さば」。
f0141310_20483381.jpg

 「とこぶし」
f0141310_20485468.jpg

 「さつまあげ」
f0141310_20491115.jpg

 「おばんざい」が何種類も。
f0141310_20492426.jpg

 「あゆの醤油煮」
f0141310_20493719.jpg

 「せんべい」
f0141310_20495287.jpg
f0141310_20495885.jpg

 そして漬物屋。私も試食をしながら買い込んだ。
f0141310_20501129.jpg

 錦市場の突き当たりにある「錦天満宮」。「頭の神様」だそうだ。
f0141310_20502782.jpg

 境内には、「京の名水」と呼ばれる湧水が地下30mから湧き出している。
f0141310_20503898.jpg

 帰りの京都駅構内。

 何だか、この3日間のブログを改めて自分で読み返すと、研修というより、食べたり飲んだりしていたようだ。
 でもしっかり勉強してきました。復習しながら報告書をまとめ、9月の決算議会に備えたいと思います。

by koike473 | 2009-07-22 20:53 | 食事・食べ物 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/11578707
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 駿河台3丁目の「てんのさん」 全く予期していなかった「京都・... >>