来週から6月議会が始まります!

 来週の火曜日、16日から議会6月定例会が始まる。
f0141310_23453742.jpg

 今日は、それに向けた会派の打ち合わせが行われた。

 議員になり、まる2年経過したが、年4回ある定例議会の中で、6月議会は議案が最も少ない。
 2月は次年度の予算審議、9月は企業会計(水道、中央病院)の決算審議、11月は一般会計・特別会計の決算審議と、それぞれ「目玉」となる議案があるが、6月はそれがない。
 ただし、今年は世界的な景気悪化の中で、国の補正予算等を受けた経済対策が求められている。
 しかし富士市では、これは5月の臨時議会で審議し、既に執行されており、当面はそれらの施策の動向を見守る予定だ。

 私が所属する建設水道委員会での審議は、「富士市景観条例制定について」の1件のみだ。
 この件については、先日「委員会協議会」という形で、条例の前提となる「景観計画」について当局から説明があった。
 この景観計画でめざすところを法的に担保するのが景観条例だ。
 1件だけなので、しっかり事前に勉強しなければならない。

 また私個人としては、今回も2項目の一般質問を行う予定でいる。
 一つは、最近ブログにもよく書いている「犬と人間が共生できるまちづくり」について。
 もう一つは、「人口減少時代の公共建築物と住宅政策のあり方」についてだ。
 これは、前職の頃から感じていたことが、4月に受けた「老いる都市」の研修会で決定的に思ったり、その後何人かの市民の方から相談を受けて感じたことだ。

 と、これだけでは、内容についてわからないと思いますが、24日から始まる一般質問を是非聴いていただければと思います。

by koike473 | 2009-06-10 23:46 | 富士市議会 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/11278928
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 新人議員自主研修 認知症サポー... 進化し続ける?「そうだ!沼川プ... >>