富士ドッグサポーターズクラブのテレビ取材

 今日は、富士ドッグサポーターズクラブ(FDSC)のテレビ取材があった。
 場所は、元吉原地区だ。
 小学生の登校時の防犯見守り活動、愛犬との散歩時のゴミ拾い、一人暮らし高齢者宅のセラピー犬による家庭訪問、介護施設のセラピー犬による訪問などだ。
 私は、朝の防犯見守り活動、ゴミ拾いに同行した。
f0141310_23301666.jpg
f0141310_23303159.jpg
f0141310_23311654.jpg

 元吉原小学校の正門、東門で。「おー、犬がたくさんいるー。」
f0141310_2331364.jpg

 子ども達は、ほとんどの子は犬が大好きなようだ。私のように怖がる子はほとんどいない。
f0141310_23315342.jpg
f0141310_2332062.jpg

 クラブ代表、参加いただいた元吉原地区の愛犬家の方々へのインタビュー。
f0141310_23322316.jpg
f0141310_23322978.jpg

 次は、松林(海岸堤防の北側)へ向かい、ワンちゃんといっしょにゴミ拾い。
f0141310_23325383.jpg

 近所の方が「犬を飼っていたけど死んでしまって・・・」と言いながら、あっという間に犬がなついて仲良くなるのには驚いた。
f0141310_2333581.jpg

 そして9時に登園してくる元吉原幼稚園の園児を愛犬とともに見守り。

 今回の取材は、「このような地域活動を行う愛犬団体は県内でも初めて」ということで、テレビ局側が特集を組みたいという提案で行われた。
 しかし、FDSCは、まだ設立したばかりで、実際の活動はこれからだ。
 今日参加いただいた地域の愛犬家の方も、先日の設立イベントでクラブに登録したばかりだったり、その方のつてで今日、会場で登録された方もいた。
 クラブの基本的な活動は、愛犬家の皆さんが、毎日の散歩などの際に、少し周囲を見回したり、目に付くゴミを拾うことだ。
 一方で、愛犬家の皆さんの中には、既に個人的に、このような見守り活動等を何年も、地道に続けていらっしゃる方も、市内にはたくさんいると伺っている。
 今後は、こうした皆さんとも連携をとりながら、活動が市内各地区で、そして市内全域に広がっていくようになってほしいし、私も応援していきたいと思う。

by koike473 | 2009-06-08 23:35 | NPO・市民活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/11263259
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 進化し続ける?「そうだ!沼川プ... 英語のラジオ体操で始まった運動会 >>