「監査」の研修とデジタルメモ「ポメラ」

 昨日から1泊2日で、研修で名古屋に出かけた。
 「監査業務の効率的な処理実務」という研修だ。
f0141310_2325137.jpg

 参加者は計23名で、中部地方の市など行政側の監査委員会の職員が大半で、議員は5名だけだった。
f0141310_23251692.jpg

 「監査」というと、何年か前に、大企業の粉飾決算に大きな監査法人が関わっていたことがニュースになった時に言葉を聞いたくらいではないだろうか。
 私も議員になって初めて、行政の仕事に関しても「監査」が行われることを知った。
 この研修は、ずいぶん堅い話が多いのでこのあたりまでとし、今日はこの研修に初めて持って行き、使ったデジタルメモ「ポメラ」の話。
f0141310_23253729.jpg

 先週、念願だった「ポメラ」を購入した。
f0141310_2326467.jpg

 ポメラは、昨年秋に発売された手帳サイズのワープロ専用機(ワープロと言ってもテキスト形式)だ。
 発売当初は、注文してもなかなか手に入らないこともあったようだ。

 以前から、このブログを書いたり、何かをメモするのに、「紙」ではなく「データ」として打ち込んでおきたかった。
 少し時間が空いた時に文章として残せれば効率的だし、特に私は手書きでは字が汚すぎて、自分でも後から見て何て書いたか判らないことが良くあるからだ。

 そしてこの研修が、ポメラの初舞台となった。
f0141310_23264198.jpg
f0141310_23264962.jpg
f0141310_2326575.jpg
f0141310_2327578.jpg

 キーボードは折りたたみ式だが、それなりに十分な大きさだ。

 安定感もあり、ガタつくこともなく、音も気にならない。
f0141310_23273957.jpg

 しかし、今回の研修は、配られたテキストが多く、そちらへの書き込みなどもしながらなので、ペンとポメラに行ったり来たりがだんだん面倒になってきて、2日目は結局使わなかった。

 しかし、研修のその場で取ったメモは、データとして報告書等の編集に直接利用することができるのは、とても効率的だ。

 明日は、臨時議会が開かれる。
 議場に持ち込み、早速使ってみようと思う。(もちろん、議事の主要点を記録するためです)

by koike473 | 2009-05-28 23:29 | 視察・研修・勉強会 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://koike473.exblog.jp/tb/11177087
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 富士市立高等学校に県内初の「ス... 富士市の「まちの駅」を、アジア... >>